Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

ANA

ANAの新ドアクローズアナウンスが「セットスライドバー」に変わった件

投稿日:2017年1月22日 更新日:

 

ANAのドアクローズアナウンスと言えば、

“Canbin Attendants, Doors for Departure!”

というものが長らく使われてきました。これを聞くとANAに乗るんだ!と毎回気分が高揚していたのですが、2016年12月より

“Canbin Attendants, Set Slide Bar!”

というアナウンスに変わりました。

この新アナウンスが一部のANAファンの中で話題になっています。すでにYou Tubeにも新しいアナウンスがUPされています。

 

私自身も何度か録音しているのですが、このアナウンスはいきなり来るのでスタンバイしていないと上手く録れません(笑)

 

次はファーストクラス搭乗時に聞いたアナウンス。こちらは「セットスライドバー」と「どあ~ずふぉ~でぃぱ~ちゃ~」の両方を言っています。

この時は「セットスライドバー」の後に「どあ~ずふぉ~でぃぱ~ちゃ~」も言っていますね新旧コラボの貴重な音源となりましたw

 

こちらは割りとぶっきらぼうな感じのセットスライドバー。あと巻き舌っぽい感じのアナウンスですよね。でも割りとこういう言い方の人がマジョリティーな感じがしてきました。

 

<2017年5月7日アップデート>

 

 

個人的には一番最初のセットスライドバーが一番ANAらしくて好みです。皆さんはどのセットスライドバーがお好きですか?(笑)

 

 

ちなみに、JALのドアクローズアナウンスはこんな感じです。

「業務連絡です!乗務員はドアモードをオートマティックモードに変更し、相互確認をして下さい。」

よろしければこちらの記事もご覧ください。

 

Bottom Line

初めてこれを聞いた時は違和感ありありでしたが、今では「セットスライドバー」って文言が頭から離れなくなってしまうくらいツボにハマってます。ANAファンとしてはアナウンスを変更した事情が気になりますが、しばらくは新鮮なアナウンスが搭乗の楽しみになりそうです。

キャビンアテンダンツ!セットスライドバー、セットスライドバー!

皆さんもANAに搭乗した際は、ドアクローズの際のアナウンスを注意して聞いてみてください。

以上、どうでもいいネタでした。

-ANA

執筆者:


  1. NemoP より:

    「げんえきです」というハンドルネームの方から「ドアミス多発のため」というコメントを頂きました。

    だったら文言変えるより先頭のBBAが全部のドア見て巡ればいいのに。と素直に思ってしまったのですが、せっとすらいどばぁ★

    • The_miles_flyer より:

      ◆NemoPさん
      表沙汰にならないミスが結構あったのでしょうかね。
      #俺たちのJALみたいに相互確認が大切ですね(笑)
      せっとすらいどばぁ★

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ANA B789 スターウォーズジェット ビジネスクラス搭乗記<機内食編> NH853 東京羽田~台北松山 Apr2016

普段はリージョナルのB787で運行される台北便ですが、4月のとある日の機材繰りを見ているとB789で運行される日があることを知り、サクッと台北まで行ってきました。 シップは羽田空港Dランから離陸です。 …

ANA 香港~羽田 B777-200 ビジネスクラス搭乗記

エアロプラン駆け込み発券でSQのA380に乗ってきました。香港から東京に帰る最終フライトはANAの羽田便です。この時のチケット情報はこちら。 ボーディング この日は搭乗開始時刻になっても羽田からの便が …

【発券報告】ANAファーストクラスで行くパリ!

ANAのマイルを使ってフランスを旅行した時のお話です。2015年4月11日は、ANAマイルが大改悪された日として記憶に新しいですが、その改悪の寸前に欧州行きファーストクラスの発券を敢行しました。 ルー …

【発券報告】ANAマイルで行くホイアン年末年始の旅

年末年始は暖かい場所で、と決めている私。今回は手配が遅れたこともあり、バンコクやシンガポールなどの人気路線は繁忙期で特典では取れませんでしたが、ややマイナーなダナンならアシアナ航空で飛べることが分かり …

ANAビジネスクラス搭乗記|ロンドン→東京羽田 NH212 Dec2016

ANAのビジネスクラスでロンドンから羽田をフライトしました。ロングホールでのANAビジネスは約1年半ぶりということもあって、いろいろ新鮮でした。そして「やっぱりANAのビジネスは最高」と思わされたフラ …

サイト内検索