Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

JAL

JALドアクローズアナウンスを研究する

投稿日:

2016年12月にANAのドアクローズアナウンスが「セットスライドバー!」に変わったことは記憶に新しいところですが、未だにブームは冷めやらずYouTubeでも音源が増えてきております(笑)

以下記事には音源を追加していますので、宜しければご覧くださいませ。

 

さて、話題は変わってJALです。こちらも音源を集めてまいりましたので是非ご視聴頂ければと思います。

まずはバンコク線のB777-300ER型機材でのドアクローズアナウンスです。

「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをオートマティックポジションに変更し、相互確認をして下さい。」と言っています。

 

続いて復路のフライトのドアクローズアナウンスです。尚、現地1泊の強行日程だったのでチーフは同じ人でした(笑)

今度は、「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをオートマティックモードに変更し、相互確認をして下さい。」と言っています。

同じ人がアナウンスしても「オートマティックポジション」「オートマティックモード」と微妙に違いがあることが分かります。

チーフに聞いたところマニュアル的には単に「オートマティック」に変更し…なのだそうですが、ポジションとかモードとかという単語が人によって使われるようです。絶対にこう言わないといけないというマニュアルはなく、割りと自由にやっていますとのことでした。

 

今度は国内線のB737型機でのドアクローズアナウンスです。

「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをアームドポジションに変更し、相互確認を行って下さい。」と言っています。

これはB777とB737ではドアの構造が違うための違いのようで、B777では「オートマティック」、B737では「アームド」と使い分けられています。

 

Bottom Line

機材やチーフによって微妙に異なるJALのドアクローズアナウンス、毎回の搭乗時に注意して聞いてみると面白いかもしれませんよ!

 

-JAL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【発券報告】JALマイルで南アフリカへ|カタール航空で行くRTWポジショニング特典航空券

モザンビーク発券の世界一周航空券のポジショニングのためマプトに飛ぶ航空券を手配しました。今回はアフリカの南部に位置するモザンビークが発券国ということでかなりハードルの高いポジショニングとなりました。 …

(2019年1月) JAL対象のお客様限定キャンペーン

対象のお客様限定キャンペーンのご紹介です。今まで電話すれば登録してもらえるとご紹介してきましたが、電話だと電話する時間がない、正式にキャンペーン名を伝えるのに時間が掛かり面倒、大量のキャンペーン登録を …

【HND】JALファーストクラスラウンジ羽田 REDスイートのローランペリエは是非体験したい

US Dividend Milesで発券したCXファーストクラスで香港へ行ってきました。1枚のチケットで香港2往復するチケットでしたが、今回は2往復目のフライトです。チケット情報の詳細はこちら。 エン …

JALビジネスクラス搭乗記|シンガポール→成田 JL712 Nov2018

シンガポール航空の新型スイートクラスでのフライトを終え、現実に戻ってJALで日本に帰国します。今回はイベリア航空のAviosを使ってシンガポールから成田へのJALビジネスクラスを予約していました。 J …

PontaからJALマイルへの移行で20%ボーナスキャンペーン

  キャンペーン期間 2016年9月15日(木)~2016年11月30日(水)[交換日] ※2016年11月30日(水)23:59までにマイルへの交換をされた方が対象となります。 対象のお客 …

サイト内検索