Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

JAL ビジネスクラス

JALビジネスクラス搭乗記|成田→上海 JL837 Nov2018

投稿日:2019年2月17日 更新日:

JALビジネスクラス搭乗記|成田→上海 JL837 Nov2018

上海からシンガポール航空のスイートクラスに搭乗するため、ポジショニングフライトはJALビジネスクラスを利用しました。チケットはイベリコ豚祭りで入手した9万Aviosを利用して発券したアワードです。

 

JALチェックイン・ラウンジ

この日は久しぶりに成田空港からの出発。乗り継ぎ便が浦東発だったので虹橋便よりも都合が良かったです。

ファーストクラスチェックインと言えど簡素な造りになっている羽田空港と違って、成田空港はかつてJAL国際線の総本山だった空港ですので、その名残りからファーストクラスのチェックインカウンターは非常に重厚な佇まいでございます。

残念ながら今回はファーストクラス利用ではありませんが、JAL DIA会員の資格を利用してこちらのカウンターを利用させて頂きました。

その後はこちらの優先セキュリティレーンから出国いたしました。

このセキュリティを通過し、出国審査を出ると目の前はJALラウンジのエントランスです。中に入ると右手がサクララウンジ、

そして左手がファーストクラスラウンジです。

ファーストクラス客に加えてoneworldエメラルドステータスがあれば入室可能です。

この日のメインコースはシンガポール航空のスイートクラスですので、ここでの飲食は控えめにしておきます。この時の寿司は激ショボでした。

シャンパンと白ワインです。名物のローランペリエはサテライトでしか提供されていないのが残念なところ…。朝早いフライトだとさすがにサテライトまで行って戻ってくるのは大変です。

今回はドンペリとKRUGの飲み比べも楽しみたいので、こちらのラウンジはアルコールを自重しましたw

かつては747が3機も4機も並んで見えたものですが、今では77Wが駐機していればいいくらい、酷い時は全部787しか並んでいないこともありますよ。

JALビジネスクラス・搭乗

羽田ばかり使っていると、どこか懐かしさを感じる成田の搭乗風景です。

本日の搭乗機はB787型機です。

トッププライオリティの搭乗レーンが用意されていました。

毎回何十人という客がこのレーンから搭乗していきますので、DP会員が異常に増殖しているように感じますし、インボラが都市伝説と化しているのも頷けます。。

では上海まで!

 

JALビジネスクラス B787 シート

機内に入るとビジネスクラスにはSS2と呼ばれるリバースヘリンボーン型のシートが並んでいました。このような短距離路線にもまともなシートが導入されること自体、JALにしてはなかなかやりますなあ。

シートは窓側のシングルシートを選択しました。CXのリバースヘリンボーンに比べれば一回りコンパクトに設計されていますが、十分に快適なシートです。

こちらのコントローラーでシートリクライニングをコントロールします。

で、フルフラットにした状態がこちら。必要最低限のスペースは確保されているかと思います。上海便ほどの短距離でフルフラットになるなら御の字でしょう。

シートまわりにはサイドテーブルも確保されております。また窓側のシートは完全にソロシートになっていますので、ぶっちゃけ欧米線に導入されているJAL SKY SUITEよりも居住空間の快適性は高いのではと思ったりします。

フルフラット状態の足元の様子です。左奥がなぜか空洞になっていないので、やや狭いのかもしれませんが、それでもストレスを感じることはなかったです。

後方からキャビン全景をキャプチャーした様子です。新しくて快適そうなシートに見えますね。

ご覧のようにダイニングテーブルはシートの壁から出すパターン。肘掛けの所から出すより出し入れが楽だし、機能性はいいと思います。

JALビジネスクラス・機内食

上空に上がってからはお楽しみの機内食です。短距離路線でもビジネスクラスは食事の前にドリンクサービスがあるんですね。シャンパンとお水をオーダーしたところ、こんなグラスで出てきました。

遂にJALも足つきのシャンパングラスを廃止してANAっぽいスタイルのコップに変えたんですね。ちょっとチーフに聞いてみたところ2018年11月から新しいものに変わったのだとか。短距離路線だけでなく欧米便もこのグラスになったようです。

グラス底面には鶴丸のロゴ入りです。

すでにANAのビジネスクラスでは先行してこのような足なしのグラスになっていますから慣れていますが、やはりシャンパンショットの絵面は少々悪くなりますなw

そして食事。ここは短距離便ですのでさすがにワンプレートです。

メインは洋食のハンバーグを選択しました。

ステーキと違ってハンバーグは焼き加減に怯える必要がありませんw

個人的な感覚では機内でステーキを注文すると10回に6-7回はパサパサのウェルダンなのでハズレが多いです。その点割り切ってハンバーグというのは悪くないです。

最後はハーゲンダッツとコーヒー。

 

食後はトイレを兼ねて機内散策へ向かいました。エコノミークラスは2-4-2アブレスト。B787では多くのエアラインが3-3-3配列にする中、ゆとりがあるようです。

ちなみにこの新・間隔エコノミー、先日ソウル便で初めて座りましたが、昔のグレーのボロいシートより大幅に快適になっていますね!

そうこうしているうちに窓の外には大量の船舶が見え始め、

無事、上海浦東国際空港に到着です。

ここはカスチームメンバーでJALと共同事業を行うことになっている中国東方航空の本拠地です。いつか東航のFも乗ってみたいですね(笑)

JALビジネスクラス搭乗のまとめ

このような中国の短距離路線、しかも成田発着路線ともなるとオンボロの機材が使われているようなイメージが強いですが、最近は随分改善しているのですね。SS2は賛否両論あるシートですが、個人的には非常に快適性は高いと思いますし、ましてそれがこのような短距離路線に導入されているのであれば非常に乗り得だと思います。

-JAL, ビジネスクラス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

JALサクララウンジ@バンコク・スワンナプーム国際空港

バンコクから羽田に戻る際にサクララウンジを利用しました。本当はCXラウンジでタイ飯を食べることを楽しみにしていたんのですが、残念ながらCXラウンジが夜間は開いていないので、今回はサクララウンジを利用す …

QRカタール航空ビジネスクラス搭乗記|東京羽田→ドーハ QR813 Feb2017

いよいよモザンビーク発券の世界一周航空券旅行に出発します。まずは発券国までのポジショングのフライトです。まずは羽田空港からカタール航空のドーハ経由で南アフリカのヨハネスブルグに向かいました。 カタール …

キャセイドラゴン航空(KA)ビジネスクラス搭乗記|成都→香港 KA825 Sep2015

九寨溝の旅の袋のお話です。成都から香港を経由して帰国します。チケットはUS Airwaysの特典で手配しました。まずはキャセイドラゴンの成都→香港ビジネスクラスのフライトレビューです。 キャセイドラゴ …

【発券報告】サンパウロ~リオデジャネイロ TAM航空エコノミー 往復1万マイル(キャンペーン利用)

JALのマイルを使ってブラジルの国内線特典を利用しました。     (FFP)JL (必要マイル数)10,000 (航空会社)JJ (クラス)Y (ルート)SAO/RIO/SAO (機材)A …

シンガポール航空 香港~シンガポール A380-800 ビジネスクラス搭乗記<食事編>

エアロプラン駆け込み発券でSQのA380に乗ってきました。今回は憧れのビジネスクラス利用です。この時のチケット情報はこちら。 ウェルカムドリンクから始まるSQのサービス 飛行機に乗り込み着席すると、す …

サイト内検索