Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

ANA ニュース

ANA 12月発券分から燃油サーチャージを引き下げ、海外発券では念願のサーチャージ廃止も!

投稿日:

12月発券分より燃油サーチャージを引き下げ

昨日、12月以降発券分の燃油サーチャージについて、ANAより発表がありました。下記の通り欧米線など往復で最大で7,000円の値下がりとなる嬉しい発表です!

日本=欧州・北米(ハワイ除く)・中東・オセアニア    10,500円⇒7,000円
日本=ハワイ・インド・インドネシア            6,000円⇒4,000円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー     4,500円⇒3,000円
日本=ベトナム・グアム・サイパン・フィリピン       3,000円⇒2,000円
日本=中国・香港・台湾・マカオ              2,500円⇒1,500円
日本=韓国                        500円⇒300円

 

12月以降の出発分は発券を先延ばしにする手もあり

ご存知の方にとっては当たり前のことですが、燃油サーチャージは搭乗日ではなく発券日ベースで課金されます。したがって、搭乗日が12月以降でも今発券してしまうと現状のサーチャージ額が課金されるので注意が必要です。出発がまだまだ先で、席が無くなりそうにないシーズンであれば、しばらく発券を待つのも手かと思います。私は年末年始の旅程はまだホールド状態で未発券ですので、12月になってから発券したいと思います。

ちなみに、発券済みの航空券でも未使用航空券であれば第1区間の日程を変更することに伴って燃油サーチャージの差額調整(返還)を行ってもらうことが可能です。これもサーチャージの還付を受けるには12月になってから変更して貰う必要があります。

 

究極の裏ワザは海外発券、なんと燃油サーチャージ廃止!!

と、ここまではどこのブログにも書いてある情報なのですが、ここからは上級者向けのテクニックです。この燃油サーチャージ、なんと今回から海外発券の場合には徴収されなくなるようです。日本発以外の旅程のところに出ているチャートです。

 

135

最初は何かの間違いではないかと驚いたのですが、ANAに確認したところ、確かに海外発券の場合には燃油サーチャージが不要になるとのことです。同じ路線を飛行するのに海外発の場合だけサーチャージが取られないという不思議な現象です。

 

例)

・東京発ニューヨーク往復の場合 ⇒ 往復14,000円のサーチャージ

・ニューヨーク発東京往復の場合 ⇒ サーチャージ不要

 

このように海外発券を上手く活用できる人は出発地を海外にすることでサーチャージを節約することができます。ただし今は円安なので海外発の運賃は割高に感じられるかもしれません。しかしこれも特典航空券であれば為替による運賃の割高感は関係がないので、ますますお得だと思います。

 

オススメは世界一周航空券

先日こちらの記事でお伝えした世界一周航空特典航空券も出発地が海外なのでANA利用部分はサーチャージが廃止となります。フライト数も多いだけにサーチャージの廃止の威力はとても大きいですね!ただし他社便利用区間については、他社が設定するサーチャージが課金される可能性が高いのでご注意ください。今回サーチャージが廃止となるのはあくまでANA便の場合だけです。

 

Bottom Line

原油安の恩恵でサーチャージが安くなることは我々マイラーにとっては大変ありがたいニュースですね。絶好の航空券の買い時ですので、12月以降バンバン発券していきたいと思います。ただし足元では原油価格が反発している気配もありますので、次回の価格改定時には再び値上げされる可能性もあります。発券のタイミングには十分注意して今後の計画を考えていくべきでしょう。

 

-ANA, ニュース

執筆者:


  1. hack より:

    はじめまして。
    AMC特典のRTW航空券の情報を探していて、ここにたどり着きました。
    日本発着以外の区間において他社便を使う場合、日本発券と台湾発券でサーチャージ料金は違ってくるのでしょうか。というのも12月以降にRTW特典を発券しようと思い。
    日本→台湾→東南アジア→欧州→北米→日本と大まかに考えているのですが、これを台湾発にした場合サーチャージの代金がどれほど違ってくるのかを見積もりたく思っています。
    日本発と台湾発で例えば欧州→北米のサーチャージは異なったりするのでしょうか、それともこの場合は欧州発の片道航空券とみなされてサーチャージが課されるのでしょうか。
    わからないことばかりで大変申し訳ないのですが、もしご存知の事がありましたら教えていただけたら幸いです。

    • The_Miles_Flyer より:

      ◆hackさん
      これは大変難しいご質問ですね。
      RTWの中にANAの区間がある場合、日本発券であればサーチャージが徴収され、海外発であればサーチャージは徴収されない、ということだけは確かだと思いますが、他キャリアについては他キャリアのルールに従うしかありませんので、個別に発券元に確認する以外には分からないと思います。
      あまりお力になれず申し訳ありません。

The_Miles_Flyer にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【朗報?】ANA SKY WEB 特典航空券の空席カレンダーが復活した件

2015年4月の国際線基幹システムのアマデウスへの変更に伴い、WEBサイトの使い勝手も大幅に変わってしまったANAですが、6月25日より国際線特典航空券の空席照会カレンダーが復活したようです。 このカ …

【発券報告】AMC旧ルール 成田〜ニューヨーク+ジャカルタ〜成田 スーパーオープンジョー

AMCの旧ツールで発券した航空券についてご紹介したいと思います。 今ではこのような旅程は発券できなくなってしまったが、異なるリージョン間でオープンジョーを利用して発券した航空券になります。 (FFP) …

ANA B789 スターウォーズジェット ビジネスクラス搭乗記<機内食編> NH853 東京羽田~台北松山 Apr2016

普段はリージョナルのB787で運行される台北便ですが、4月のとある日の機材繰りを見ているとB789で運行される日があることを知り、サクッと台北まで行ってきました。 シップは羽田空港Dランから離陸です。 …

ANA006便成田発ロサンゼルス行きで乗客同士が殴り合いの喧嘩になったと話題に

成田空港からロサンゼルスに出発するANA006便の機内で酔っ払いのアメリカ人の乗客同士が殴り合いの喧嘩になり、飛行機の出発が1時間半遅れるという騒ぎがありました。 乗り合わせた乗客が機内で撮影した動画 …

【発券報告】アエロプランでシンガポール航空A380ビジネスクラスを堪能する旅

エアーカナダのマイレージプログラムであるアエロプランは、東南アジア内のビジネスクラスが往復3万マイルで発券できる人気のプログラムでしたが、12月15日から必要マイル数が8万マイルに大改悪されるというこ …

サイト内検索