Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

*

日米航空交渉 デルタの反対を押し切り羽田空港アメリカ便発着枠拡大へ! JAL・ANAへの配分が焦点に

   

2月16日~2月18日に行なわれた日米航空交渉により、2016年冬期スケジュール(2016年10月末)からの米国路線は、昼間時間帯(6時~23時)の10便と、夜間時間帯(23時~6時)の2便の、1日計12便で合意しました。この発着枠は日米双方6枠ずつの配分となります。

CIMG0220

 

デルタ航空は羽田の部分的な開放に失望との声明を発表

米国線発着枠の決定が遅れたのは、デルタ航空が強く反対していたからと言われています。アメリカンやユナイテッドと比べて日本に提携航空会社を持たないデルタ航空は、フライトが羽田空港へ移管すると成田のハブ機能および自社のアジア路線を維持するのが難しくなるとしています。

IMG_6608

個人的にはデルタに乗ることはありませんが、デルタの撤退により他社の運賃が値上がりし、利用者の不利益になることは望ましくないと思っているので、デルタには日本路線に留まって欲しいと思います。

 

ANA vs JAL 発着枠配分が焦点に

今回の合意で日本側には6枠の米国線発着枠が与えられます。これを日系2社で配分することになりますが、前回2013年の欧州・アジア発着枠配分の際は、ANAが11便、JALが5便の配分でした。今回も発着枠の傾斜配分があるのかが注目されます。国土交通省の石井啓一大臣は、「8.10ペーパーの趣旨を踏まえて対応したい」とコメントしています。「8.10ペーパー」とは、経営再建中のJALが市場競争を歪めないようにJALの事業展開に一定の制限を課す内容になっています。

仮にANAに4枠が配分されれば、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、ホノルルなどが就航先の候補でしょうか。今はアライアンス時代なので、提携航空会社のハブまで辿り着けば世界中どこへでも羽田から行ける時代です。今回の米国線発着枠拡大で米国の殆どの都市は羽田からアクセスできるようになるでしょう。

 - ニュース

WPPC用

WPPC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

MHマレーシア航空ビジネスクラスの激安セールチケットの予約はココ!

MHマレーシア航空が激安のビジネスクラスチケットを販売していることが話題となって …

ANA 羽田発着のニューヨーク・シカゴ・クアラルンプール線のスケジュール発表か!

ある海外サイトの発表によりますと、ANAは2016年冬スケジュールの羽田発着米国 …

JAL 12月発券分から燃油サーチャージを引き下げ、海外発券では念願のサーチャージ廃止も!

12月発券分より燃油サーチャージを引き下げ 12月以降発券分の燃油サーチャージに …

SQシンガポール航空 ロサンゼルス・サンフランシスコ路線を再編、成田線A380も機材変更に…

SQシンガポール航空は米国路線の再編を発表するとともに、成田経由で運行されてたロ …

JAL先得予約は8月30日から開始!年末年始の予約も対象

  10/30以降のJAL国内線の予約は8月30日から受付開始 年末年 …

ANA 12月発券分から燃油サーチャージを引き下げ、海外発券では念願のサーチャージ廃止も!

12月発券分より燃油サーチャージを引き下げ 昨日、12月以降発券分の燃油サーチャ …

【体験談】Skiplaggedで購入したが便がオーバーブッキング!直行便振替の危機!

今日はSkiplaggedというサイトで検索した航空券を利用して某社のアメリカ国 …