Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

キャセイドラゴン航空 ビジネスクラス

キャセイドラゴン航空(KA)ビジネスクラス搭乗記|成都→香港 KA825 Sep2015

投稿日:

九寨溝の旅の袋のお話です。成都から香港を経由して帰国します。チケットはUS Airwaysの特典で手配しました。まずはキャセイドラゴンの成都→香港ビジネスクラスのフライトレビューです。

キャセイドラゴン・成都空港でのチェックイン

成都の空港周辺ホテルでトランジットのために1泊し、早朝に成都双流国際空港にやってきました。ホテルのバスは国内線ターミナルで降ろされたので、空港の外を歩いて国際線ターミナルに進みました。

まだ夜があけたばかりの成都双流国際空港です。成都発の朝一便を利用すれば香港で羽田行きのCX午後便に乗り継ぎでき、同日に帰国が可能です。

早朝でしたが、チェックインカウンターはそこそこ賑わっていました。

ありがたくビジネスクラスの恩恵を受けまして、ビジネスクラスチェックインカウンターでスムーズに手続きしてもらいました。

この後は出国審査が混んでいてかなり時間が掛かりましたが、なんとかラウンジに寄る時間は確保できまして、指定されたエアーチャイナのラウンジで搭乗までの時間を潰していました。

キャセイドラゴン航空ビジネスクラス・搭乗

ラウンジでゆっくりしすぎたため、ゲートに向かったときはファイナルコールも終わっていて、ほぼ最終での搭乗でした。

搭乗機材はA320型機です。香港以遠はジャンボに乗り継ぐ予定なので、それまでのショートフライトは小型機で我慢です。

隣のゲートにはANAの成田直行便が駐機しています。あれに乗れば成田まで直行で帰れるので楽ですが、ジャンボ優先なのでそんなことは気にしません(笑)また、その奥にはユナイテッドのB787サンフランシスコ行きも駐機していますね!昔はアジア行きのフライトは成田経由でしたが、今ではUAのフライトも北米から中国の内陸までノンストップで飛んで来る時代なのですね…。

それではAsia’s World City Hong Kongまでのフライトに搭乗です!

キャセイドラゴン航空ビジネスクラス・シート

帰りもラッキーなことに新型リージョシートにレトロフィットされた機材でした。

日本路線では遠慮したい機材ですが、短距離の中国路線では悪くないシートです。

搭乗が完了して出発準備が整いましたが、成都空港混雑の影響でエンジンスタートを20分遅らせるとのキャプテンアナウンスがあり、しばらく地上待機となりました。

それでも隣のANA便よりは先に出発となりました。

地上滑走中に見えた飛行機です。

成都が拠点空港の四川航空。

北京が拠点の中国国際航空もA330が飛んでいました。どこにフライトするのでしょうか。

定刻からはやや遅れたものの無事にエアボーン。眼下には成都の街並みが見えましたが、物凄い交通量に驚き。あまり市内へは出たくないですが、今回の旅、麻婆豆腐発祥の店と呼ばれる成都市内の陳麻婆豆腐に行けなかったのが心残りです。

キャセイドラゴン航空ビジネスクラス・機内食

さて、そんな麻婆豆腐のことはぐっとこらえて、CXドラゴンの機内食のお話です。早朝のフライトでしたのでアルコールは控えてジンジャエールをもらいました。

まずはメイン以外のプレートが提供されます。

程なくしていつものCXスタイルでメインのホットプレートがやってきますので、実物を見ながらメインディッシュをチョイスします。

中華風ヌードルかオムレツの選択でしたが、香港のエアラインですので選択の余地もなく中華風ヌードルを選択しました。

たっぷりのお肉、そして中華風ソースを麺に絡めて食べると最高に美味しかったです。さすがCX系ですね!

食後はコーヒーを貰いました。機内でゆっくりできる至福の時間です。

外資系キャリアなのに機内エンターテイメントに「半沢直樹」があったのはさすがです。日本路線を重視している証拠ですね。

シップは大きな中国大陸を縦横無尽にフライトして香港を目指します。経路はこんな感じです。

着陸間際になって水が配られました。

そして香港国際空港に向けて降下を開始します。

どことも分からぬ中国内陸の空港を眼下に見ながら進むと、景色はだんだんと見慣れた香港らし景色に変わってきます。

↓香港っぽい島嶼部の風景?

香港の住宅街が見えてくるとランウェイはもう直ぐです。こうして成都からのフライトは無事香港に到着です。

最終的な飛行経路はこんな感じでした。

CXの翼が爽快に並んでいるの見るともう「帰ってきたな!」という気分になりますね。

この後はCXのファーストクラスラウンジに寄って、人生最後のCXジャンボ搭乗へと続きます。

 

Bottom Line

さすがCX系というフライトでした。特に早朝便はそのキャリアの実力が出るように感じますね。だいたいはオムレツみたいな食事で味気ないですが、美味しい中華料理が選択肢にあるCXドラゴンは良かったなあと思います。

 

この時のチケット情報はこちら

 

-キャセイドラゴン航空, ビジネスクラス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

JALビジネスクラス搭乗記|バンコク→名古屋 (深夜便)JL738 Dec2018

バンコク滞在を終えて、JALのビジネスクラスで日本に帰国した際のレビューです。今回はJL738便名古屋行きの深夜便に搭乗です。普段はフライトを最大限に堪能するため極力深夜便を避けるようにしていますが、 …

ANA シカゴ~成田 B777-300ER ビジネスクラス搭乗記<機材編>

ブラジルから帰国する際、エアーカナダ・ユナイテッド航空を乗り継いでシカゴまでやってきました。シカゴからはANAで一旦成田に帰国します。チケットはAMC特典で発券した台北発券の世界一周ビジネスクラス航空 …

エバー航空ビジネスクラス搭乗記 バンコク→台北桃園<機内食編> BR076 B777-300ER Jun2013

エバー航空がスターアライアンスに加盟した年、加盟記念にロイヤルローレルクラスでバンコク=台北をフライトしました。今回は機内食編です。 ドリンクサービスの目玉はドンペリ♪ スワンナプーム空港を離陸し、安 …

ANA新型ビジネスクラス「The Room」 B777-300ERのおすすめの席はどこ?

ANA新型ビジネスクラス「The Room」は座席ごとに若干の違いがあります。各席のメリット、デメリットとおススメ座席について解説したいと思います。   ANA新型ビジネスクラス「The R …

【発券報告】アエロプランでシンガポール航空A380ビジネスクラスを堪能する旅

エアーカナダのマイレージプログラムであるアエロプランは、東南アジア内のビジネスクラスが往復3万マイルで発券できる人気のプログラムでしたが、12月15日から必要マイル数が8万マイルに大改悪されるというこ …

サイト内検索