Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

JAL

JALドアクローズアナウンスを研究する

投稿日:

2016年12月にANAのドアクローズアナウンスが「セットスライドバー!」に変わったことは記憶に新しいところですが、未だにブームは冷めやらずYouTubeでも音源が増えてきております(笑)

以下記事には音源を追加していますので、宜しければご覧くださいませ。

ANAの新ドアクローズアナウンスが「セットスライドバー」に変わった件
ANAのドアクローズアナウンスと言えば、 "Canbin Attendants, Doors for Departure!" というものが長らく使われてきました。...

 

さて、話題は変わってJALです。こちらも音源を集めてまいりましたので是非ご視聴頂ければと思います。

まずはバンコク線のB777-300ER型機材でのドアクローズアナウンスです。

「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをオートマティックポジションに変更し、相互確認をして下さい。」と言っています。

 

続いて復路のフライトのドアクローズアナウンスです。尚、現地1泊の強行日程だったのでチーフは同じ人でした(笑)

今度は、「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをオートマティックモードに変更し、相互確認をして下さい。」と言っています。

同じ人がアナウンスしても「オートマティックポジション」「オートマティックモード」と微妙に違いがあることが分かります。

チーフに聞いたところマニュアル的には単に「オートマティック」に変更し…なのだそうですが、ポジションとかモードとかという単語が人によって使われるようです。絶対にこう言わないといけないというマニュアルはなく、割りと自由にやっていますとのことでした。

 

今度は国内線のB737型機でのドアクローズアナウンスです。

「業務連絡です!客室乗務員はドアモードをアームドポジションに変更し、相互確認を行って下さい。」と言っています。

これはB777とB737ではドアの構造が違うための違いのようで、B777では「オートマティック」、B737では「アームド」と使い分けられています。

 

Bottom Line

機材やチーフによって微妙に異なるJALのドアクローズアナウンス、毎回の搭乗時に注意して聞いてみると面白いかもしれませんよ!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-JAL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

PontaからJALマイルへの移行で20%ボーナスキャンペーン

  キャンペーン期間 2016年9月15日(木)~2016年11月30日(水)[交換日] ※2016年11月30日(水)23:59までにマイルへの交換をされた方が対象となります。 対象のお客 …

JALファーストクラスラウンジ@羽田空港 期間限定のローラン・ペリエ・ウルトラブリュットを楽しむ

JALファーストクラスラウンジのレビューになります。JALは季節の節目にファーストクラスラウンジで特別なシャンパンの提供を行うことがよくあります。ちょうどこの時はローラン・ペリエのウルトラブリュットが …

【体験談】JALカードの海外航空便遅延お見舞金制度|台風による飛行機の遅延で2万円貰えた話

今日はJALゴールドカードに付帯している航空便遅延特約の魅力を、実際の体験談を交えてご紹介したいと思います。 台風シーズンのある日、私はANAのシンガポール便を予約していました。この日は関東に台風が直 …

クイズに答えるだけで50JALマイルが貰える「提携航空会社の搭乗で貯めるページリニューアル記念キャンペーン」

JALが、簡単なクイズに答えるだけで必ず50マイル貰えるキャンペーンを実施しています。JALマイルは陸では貯めにくいですので、こうした小さなマイルでもコツコツと貯めていきましょう! キャンペーンには2 …

JAL B777-200ER 新型ビジネスクラスシートSS2体験 @六本木ヒルズ

3/22、JAL日本航空はB777-200ER型機に「JALSKYSUITE(スカイスイート777)」を導入することを発表しました。従来のSS7、SS6とは異なるリバースヘリンボーン型のシートが導入さ …

サイト内検索