Up in the SKY

〜年3回ファーストクラスで海外旅行するためのマイル活用術〜

旅先の観光情報

アンコールワットで初日の出を鑑賞

投稿日:

バンコクエアウェイズに乗ってアンコールワットの街シェムリアップにやってきました。ビザは事前にオンラインで取得していたのでスムーズに入国できました。税関を抜ければいよいよカンボジアの旅が始まります!

シェムリアップ空港 SIMカード購入

SIMフリー携帯という言葉はモバイラーでない一般市民にも浸透したでしょうか。今さら私が説明するまでもありませんが、現地でSIMカードを購入してSIMフリー携帯に入れて使うと格安でデータ通信や通話を楽しむことができます。特に東南アジア圏では格安でSIMカードが販売されているので利用しない手はありません。空港の建物を出たところにSmartというキャリアの販売所がありました。4Gにも対応しているみたいです。

お姉さんにプランを見せてもらいました。

なんと5ドルで3.5GBものデータ通信が可能なようです。日本で同じサービス受けようとしたら10倍くらいの料金ですから信じられないくらい安いですね。携帯の設定も店員さんがやってくれることが多いです。iphoneだった日本語設定のままでもサクサクっと設定してくれちゃう店員さんが多いですね。

市内のホテルへ

シェムリアップ空港にはおそらく公共の交通機関はないと思われ、市内へはタクシーやホテルの送迎を利用します。今回は格安のゲストハウスを予約していましたが、私の予約したゲストハウスは空港送迎が無料でした。送迎車がこんなリキシャだったのは驚きでしたが、東南アジアを旅している感じでいいですね♪

冬でも暖かなアジアの風を浴びながら、市内へと向かいました。

市内はバイクで溢れています。車を購入する経済力がない人が多いのでしょう。バイクが市民の足となっているようです。

メインロードは舗装されていますが、まだまだ舗装されていないところも多く、カンボジアはこれから発展していく国なんだなあという感じ。旅慣れているタイと比べればその差は歴然でした。

ローカルマーケットも覗いていました。大量のバナナが積まれた車。

日用品が売られるマーケットは地元の人たちで賑わっていました。いい感じのアジアの風景です。

アンコールワット観光

今回の旅の目玉となるアンコールワット観光です。遺跡は広範囲にわたって点在しているので、徒歩だけでの観光は不可能です。私は適当に声をかけてきたバイクタクシーを1日チャーターしました。丸一日付き合ってもらっても料金は12ドルでしたから良心的な値段です。

まずはメインとなるド定番の遺跡から。

壮大なクメール文化の歴史を感じながらの遺跡探索となりました。バイクで色々と遺跡を回ってもらいましたが、正直絵になるのは最初のメインのところだけでした(笑)したがって強い思い入れがない人であれば1日観光でも十分だと思います。

1日の最後は高台から日没を拝みました。こうして2015年が終了し、新たな年に向けた夜が始まりました。

この旅の目的は年越しイベントよりもアンコールワットからの初日の出だったので、大晦日はおとなしく早めに就寝し翌朝に備えました。

アンコールワットで初日の出

翌朝、初日の出という年に1回の壮大なイベントということもあって、遺跡内は大混雑になるとの事前情報を得ていました。そのため、遺跡オープンと同時にゲートをくぐって場所を確保する必要があります。

ゲストハウスのリクシャーを予約して朝4時とかそれくらいの時間に遺跡に向けて出発しました。途中の道路は同じことを考えている世界中の旅行者で溢れかえって大渋滞!普通のタクシーだったら渋滞に捕まってしまいますが、リキシャーやバイクタクシーなど小回りのきく車両であれば渋滞の間をぬって遺跡へ進めました。

一番乗りくらいで到着するつもりでしたが、上には上がいるものですでに多くの人でごった返していました。それでもなんとかほぼ最前列に近いところに場所取りでき、一安心です。やや肌寒さを感じる中で、ご来光を今か今かと待ちました。当然周囲はまだ真っ暗です。

だんだんと時が経つにつれて空が青くなり始めました。

時間とともに空はだんだんオレンジ色に。

そして遺跡の背後から太陽が顔を出しました。アンコールワットで初日の出、長年の夢が叶いました。

ちなみに、撮影会場はこんな感じで世界中から来た人で溢れかえっていました。皆さん考えることは同じですねw

 

Bottom Line

数年前にたまたまANAのシカゴ便が特典で空いていたのでシカゴで年越しをしたのですが、マイナス10度を下回る極寒の環境でほとんどホテルから出られずに過ごしたことがあります。それ以来、冬は南へというのが旅の方針になっています(笑)

基本的に初日の出というものには全く興味がないのですが、アンコールワットでの初日の出は幻想的で最高の体験でした。日本の初日の出と違って極寒の中で日の出を待つ必要がない点も大きなメリットです。冬でも温暖で穏やかなアンコールワットの気候、無理なく初日の出を楽しめるのでオススメです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-旅先の観光情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

飛行機好きなら絶対に楽しめるフランクフルトの空港見学ツアー

あまり見所がないと言われるフランクフルトですが、飛行機好きなら是非参加したいツアーがあります。それがフランクフルト国際空港見学ツアーです。空港の制限エリア内をバスに乗って廻ることができ、ルフトハンザの …

シンガポールに行ったら絶対に訪れたいシンガポールスリング発祥の地、ラッフルズホテル ロングバー!

  シンガポールスリング発祥の地 シンガポール名物のシンガポールスリングですが、いつも飲んでいたのはSQの機内かホテルで貰える無料ドリンク券を使用してといった感じ。一度は発祥の地と言われるラ …

欧州内の移動は飛行機以外の選択肢も!ICEに乗ってパリからフランクフルトへ

AAdvantageの改悪を前に、エティハド航空とカタール航空のA380ファーストクラスを体験してきました。この時のチケットはこちらとこちらを組み合わせています。今回の旅のメインとなるEY/QRの搭乗 …

シカゴ・オヘア空港に来たら絶対に買いたいお土産 ギャレットポップコーン

ギャレットポップコーン 都内には東京駅の地下や原宿に出店している大人気のギャレットポップコーンですが、数十分の待ち時間は当たり前で購入するのはとても大変です。しかし、本場シカゴでは数分程度の待ち時間で …

ベトナム ハロン湾 ツアーを利用してお金も時間も節約 オススメのツアーをご紹介

少し話は戻りますが、ANAでハノイにやってきたときのお話です。 念願のハロン湾に行くにあたり、自力でタクシーをチャーターして行く方法を含めて色々と検討したのですが、現地ツアーを利用するのが最も時間もお …

サイト内検索

まだデータがありません。